ハッピーメールでEカップの巨乳女とセックスまでいった体験談

020417

020417
私はフリーターの35歳の独身男です。この歳でフリーターなので、私を知る人と出会うのはまず相手に避けられます。
なので出会い系サイトで若い女性をターゲットに遊ぶ相手を探しています。
私の利用している出会い系サイトは「ハッピーメール」で、ネットで色々調べた結果一番信用できると思いこのサイトに決めました。
私は若い子にしか興味がないので20代で絞って探していました。
3人と連絡を取り合い会えたのは一人でした。それでも23歳のこと遊べるなんて夢のような体験でした。
自称Eカップのロリ系の顔の彼女のおっぱい見たさに、フリーターであることを隠して自営業と嘘をつきました。
お金を持っているアピールをして、どうにかセックスまでも持ち込むという魂胆でした。
彼女のバイトが終わる夕方6時ごと駅で待ち合わせをしました。
やってきたのは確かに服を着てても胸の大きさがわかるぐらい巨乳の今風の若者でした。
会ってすぐに腕を組んできたのですが、完全に胸がひじに当たっていました。
あたっているというのか狙って押し当ててるのかわかりませんが、絶対に今日はできると確信していました。
レストランに行き食事をしながらおしゃべりをしましたが、コートを脱いでセーターになった彼女の胸はよりいっそう強調されました。
他の男たちが彼女の胸を見てることが私にもわかるぐらいじろじろ見られていましたが、俺の彼女だぜみたいな顔ができるのは優越感が味わえました。
お腹も一杯になったところでどこにいこうか?と聞くとどこでもいいと答えたので、じゃぁホテル行く?と軽く誘うと
いいよーとコンビに行くような軽いのノリでOKしてくれました。
ホテルに着いてシャワーを浴びましたが、お願いしてもう一度セーターを着てもらいました。
まずはセーターを着たままHをしましたが、これがとんでもなく興奮しました。
服の上からでももみ応えのある乳をさわりまくり、彼女が好きだというバックをしつこく攻めてやりました。
こんな巨乳とはめったに出会えないので次は服を脱いだり、ブラだけだったりと色々注文をして心行くまで楽しみました。

ハッピーメールで人妻だけを狙った体験談

020416

020416
ハッピーメールで出会った女性は3人ですが、すべて人妻と出会うことができました。
私は人妻好きで、独身女性にも、若い女性にも、熟女にも興味がありません。
とにかく誰かの奥さんでないと興奮できない性癖があります。
征服感といいますか、背徳感といいますか、いけないことをしているということが私の興奮を刺激します。
なので人妻にしかお誘いをしませんし、人妻でなければ会おうといわれても会いませんでした。
世の中の人妻の手っ取り早いストレス解消法が出会い系サイトなので、道端でナンパするよりも効率よく人妻とセックスすることができます。
なので狙いは夫への不満を持っている人妻です。一番いいのがその不満がセックスレスなことです。
そうだったらお互いセックスが目的なのでwinwinの関係で、付き合いやすいですし問題も起こりません。
気をつけなくてはいけないのが、のめりこむタイプの女性です。
わざと修羅場に合わせて旦那にぎゃふんと言わせたいとか、あなたと結婚するから離婚するなんて女性も過去にいました。
なので自宅へ誘ってくる女性は気をつけたほうがいいです。
あとは旦那のことを褒める女性もすこし怪しいと思います。
一番安全なのが出会ってすぐに旦那の悪口、日頃の不満をぶちまけるタイプです。
だいたい話をうなずいて聞いていれば2,3時間もすれば彼女たちはすっきりしてすぐにホテルへ行くことができます。
2児の母であるミユキさんと出会った時も、自己紹介もそうそうに旦那への不満ばかりでした。
話が終わると彼女の方からホテルへ誘導され、シャワーも浴びずに部屋中でセックスをしました。
ソファにベットに風呂に・・・2番目の子供が生まれてから旦那とはセックスれすらしく、たまった鬱憤をすべて一回で晴らそうとするのですごい性欲でした。
こちらがもう干からびるぐらいになってももう一回、もう一回と何度も何度も求めてきました。
こういう貪欲さが人妻の魅力のひとつでもあります。

歳年上の彼女と結婚を考えるまでになった体験談

012304

●自己紹介
22歳の男子大学4年生です。出会い系サイトという存在を知ってからずっと試してみたいと思いました。なかなか決心がつかず、大学1年の時から出会い系サイトを利用したかったのに、4年生になってしまいました。思い切って利用した結果、とても楽しい体験ができました。出会い系サイトを知らない人は、私の体験談を参考にしてください。

●出会い系サイトを利用する決意
出会い系サイトの存在は高校生の時から知っていました。大学の友人が出会い系サイトで彼女を作ったと話していました。僕も彼女が欲しかったので出会い系サイトを利用してみました。出会い系サイト自体には昔から興味がありました。

●PCMAXを選んだ理由
友人が使っていたのはPCMAXでした。口コミ体験談を見ても評価は高いです。できるだけ優良な出会い系サイトを使いたかったので、有名どころのPCMAXなら大丈夫だと思いました。

●PCMAXの特徴
アクティブユーザーが多いことで有名なPCMAXには、かわいい子が多いと言われています。検索機能は充実していて便利です。かわいい子が好きだった私は、便利な検索機能で、顔のいい子にアプローチをしてみました。その結果、デートの約束ができました。

●デート
自分のアパートから10分の距離にある地元の駅で待っていると、彼女がやってきました。話をしてみると、僕より4歳年上の26歳でした。有名な会社で働いているそうで、美人です。スタイルも良く、歩くと胸が大きく揺れます。彼女の悩みをさんざん聞かされて疲れました。お酒が回って疲れてしまった僕は、彼女とホテルに入り一晩を過ごしてしまいました。

●感想
それからというものの、彼女の体のとりこになってしまいました。週に2、3回は会っています。会うたびに体を求め合い、いつも一緒にいたくなりました。正式に付き合うなんて思っていなかったのに、いつの間にか、必要な存在になっていました。

大学を卒業して、社会人になれば、彼女を嫁にしたいです。今一番幸せです。これからも彼女を大切にします。PCMAXは僕の人生を大きく変えてくれました。出会いがないと悩んでいる男性は、PCMAXで素晴らしい出会いを作ってほしいです。

不倫のおかげで家庭がうまくいってます。

012303

012303
結婚15年目で現在は主人と中学生の娘と三人で暮らしています。主人は収入があまり良くないので娘が幼いころからわたしも働きに出ていました。稼ぎがないのにもかかわらず家では王様で私もフルタイムで働いていたのですが家事などを手伝ってくれることもありませんでした。その時から主人に対して愛情がなくなっていてしかし娘の為には離婚をしないで耐えていました。娘も大きくなって少し仕事にも余裕が出てきたころ、ひょんなことからこのサイトに巡り会いました。最初は溜まった愚痴を吐き出せる相手が欲しいなと思って登録してしまいました。

登録してから数時間後メル友になりませんか、と連絡がきました。その方は私より2歳年下の40歳で結婚している方でお子さんはいないみたいでした。奥さんは専業主婦みたいなのですが、子供がいないのに働きもせず家事も手抜きで家で毎日ぐうたらしているらしく、女性としてみれなくなってきて愛情が冷め身体を求める気にもなれないというお話をしていました。わたしも同じような境遇ですからすごく気持ちが分かってすぐに意気投合したのです。

そして連絡先を好感して一か月くらいはメールでお互いの近況などを報告していてそれだけでわたしは心が救われていたのです。旦那はわたしには興味なく携帯のチェックなどもしませんからメールのやり取りがばれることはありませんでした。そんなある日彼から食事のお誘いが来ました。一か月メールのやりとりしていたのもありますし、普通にOKして仕事が早く終わる日がお互いかぶるときがあったのでその時食事をすることにしたのです。夕方の6時に待ち合わせして軽く食事をしたあと盛り上がってそのままホテルへ行ってしまいました。そんなつもりはなかったのですが・・・あまりにも自然な流れでそうなってしまいました。

それからというものお互い仕事が早く終わるとき見計らってホテルに行っています。なぜか主人にもイライラしなくなり家庭もうまくいくようになりました。不倫はわたしにとってしたほうがよいものだったのかもしれません。

ハッピーメールであったロケット型おっぱいの短大生との体験談

012302

012302
私がハッピーメールで出会った女性は23歳の短大生でした。
福祉系の勉強をしている、深田恭子似のおっぱいがロケット型のつんと上に向いた最高の女性でした。
会うまでには一度ドタキャンされたのですが、どうにかラインで話を盛り上げ、高い焼肉を奢るなど餌で釣ってようやく出会えました。
ハッピーメールで登録して初めて会った女性で、一度京都駅で待ち合わせしたのですが、バイトのシフトが入ってしまったからごめんなさいとラインがきて
おいおいと流石に頭にきましたが、お詫びに下着姿の写真を要求すると、サービスして手ぶらの写真が送られてきました。
その写真を見た瞬間すべてが許せるぐらいのスケベな身体と顔なことがわかり、どうにか会いたい!やりたい!と思いました。
それからラインで仕事の合間も夜もとにかくまめに連絡を取りました。
それがみのってようやく会ってくれることなりました。ラインの会話でもかなりエロトークを許してくれる関係になっていたので、これはHに持ち込めると確信していました。
待ち合わせは駅まえのマックで、やってきたのは雪が降るのに網タイツとミニスカとセーターを着た綺麗な女性でした。
向こうもすぐに私だとわかったらしく、あってすぐに前回のドタキャンの件を謝罪されました。
私は冗談で「今日は覚悟しといてよ」というと笑顔で「はい」というので、これはかなり期待できるんじゃないかと思いました。
二人でコーヒーを飲みながらまずは普段の生活の話や私の仕事の話をしました。
その後は彼女がサングラスをみたいというので百貨店へ行きました。
シャネルのサングラスが気に入ったらしいのですが、値段がとんでもなく高かったです。
流石にこの値段は買ってあげれないとあたふたしちると「買ってもらうつもりはないですよ」と彼女は大笑いしてました。
いい雰囲気になったのでそのまま居酒屋へ行って二人でかなり飲み明かしました。
終電もなくなったのでどうしようか?と聞くとどっかに泊まりましょと言われました。
すぐさま調べておいたおしゃれなラブホにつれていき、むさぼるように身体を味わいつくしました。
始めは受身だった彼女も2回目以降は本性が出てきたのか攻めに転じてきてかなり女王様気質なのがわかりました。
彼女とはその一度だけの関係だったのですが、今でもどうにかしてもう一度会えないかと模索しています。

ハッピーメールでの体験談

012301

012301
半年ほど前に彼女と別れてしまい、どうやって次の女性を探そうかと思っていたところ、『そうだ、付き合う前に遊ぶだけ遊んでしまおう!』と思い、出会い系に手を出しました。やはり近頃の出会い系サイトはサクラが多く、連絡がついてもすぐに他のサイトへ誘導したり、グーグルカード5000円でエッチをしてあげるとかにわか信じられないメールが返信されてきます。そんな状況に嫌気が差していたところインターネットで検索しているとハッピーメールが非常に評判が良いことが分かりました。

課金制度の出会い系サイトに少し抵抗があったのですが、課金制度だからこそ保障されることや安心することも沢山ある事を知り試に行ってみようと思いました。いざハッピーメールを利用してみるとその利用者の質の高さにびっくりしました。女子大生や保育士、看護師など私が好きなジャンルの女性が本当にたくさんいます。それに加えてメールを送るとすぐに返信が来て「どこで遊ぶ?」と約束を取り付けることが出来ます。まず初めに出会った女性は女子大学生で食事限定と言うので食事へ行ったのですが、そこからカラオケへ行きお酒も飲んでいたこともあってそのまま彼女の家へお泊りしてしまいました。こんなことがハッピーメールでは毎回のように行ってくるのです。

一番印象に残っているのはシステムエンジニアの女性で3歳ほど自分より年上の女性でした。システムエンジニアという職業柄男性と出会う機会も少ないようで出会い系サイトを利用して男性と遊ぶようにしているらしいです。その女性ともまずは食事へ行ったのですが、行った先はなんとフランス料理店でした。「そんなに金持ってないよ」とはっきりというと「私が払うからいいのよ、今日は私が全部払う」と何とも豪快な言葉をいただきました。もちろんその後のホテル代なども全部彼女もちでした。それから彼女とは月に1回は会ってますが、毎回支払いをしてくれているので助かっています。

出会い系の悪夢

012216

012216ほんのできごころ。そう本当に軽い出来心でハッピーメールを使ってみました。課金は一切するつもりはなかったので、無料ポイントなるものを利用してできることをやっただけなんですが、そのときの体験を紹介します。

登録するとサクラなのか、何通か女性名義の方から、「今日会えない?」、「SEXしたい。」というような、女性のほうから積極的にそういうメールが届きました。ハッピーメールすげぇ!!と思い、そのなかで自分が当時住んでいるところから比較的簡単に会えそうな人を選び、無料通話アプリを使用し、連絡をとりました。〇〇会館近くの某コンビニを待ち合わせ場所に指定し、ドキドキした気持ちと、本当に会えるのか?という不安がいりまじった複雑な気持ちで待ち合わせ場所に向かいました。相手側の女性から「どこにいますか?」というメッセージが届き、こわいお兄さんが来てもいやだったので、待ち合わせ場所を確認できるところから様子をうかがい、某コンビニですよ。と返信。すると「私もつきました。」というので、待ち合わせ場所を確認するとどうみてもいない!!事前のやり取りで車で行くことを伝えていたのですが、「車に戻ってください。」といわれ不安になりながらも、車に戻り、車内で待っていると助手席のドアが開き、やり取りをしていた女性が乗り込んできました。うっそ!?本当に来たぁーーーーーー!!と思って、相手を見ると・・・。おや、年齢20台とプロフィール欄に書いてあったけど、どう若くみても40台?嘘だろ、そして日本人でもない。いや、しかし、sexできる。いやいや、待て。相手は日本人でもなくて、もはやばばぁ。こいつと行為に及ぶのか?という心理状態になりつつも、「とりあえず、行きますか。」と話しかける自分。その間も、本当?本当に行くの?ホテル??とすげぇ困る、俺。そんな相手の反応「イイヨ。」ちょっと待てぇ!日本語カタコトじゃないか。マジかよ、無理だよ、ごめんなさい。携帯をちらりとみて、「ごめんね、急用ができたから、降りてくれる?」と相手のことを思いやり声をかけるが、「ナンデヨ、イクヨ。」、「いや、急用ができて帰らなくちゃいけない。」と伝えるが「〇×※☆ダヨ」とよく分からないカタコトで会話にならず、それでも、外国人のババァとは行為に及べないと理性がもう完全に優位にたち、相手を手ごろな駐車場におろし、速攻帰りました。出会い系恐るべし!!

恋人がすぐに出来たハッピーメール体験談

012215

012215
数年付き合った彼女にフラれてしまってひとりになった私は、新しい恋人を探すべく合コンなど色々と顔を出してきました。
しかしなかなか恋人が見付かることもなく、虚しく時間だけが過ぎてくといった感じだったんです。
そんな惨めな思いをしている私を見兼ねたからなのか分かりませんが、親友がハッピーメールという出会い系サイトを教えてくれました。
親友も今まで何人もの彼女を見付けたサイトで、「絶対にお勧め」だと熱く私に語りかけてくれます。

とりあえず親友を信じて登録をし、教えてもらった通りにやってみました。
掲示板で気になった子を見付けては、とりあえずどんどんアプローチをかけてみたんです。
片っ端からと言ったら言葉は悪いですが、とにかく出会いを求めて次々に矢を放つ感じでした。

すると始めて3日後には3人の女性から連絡があったんです。
それぞれの女性と根気よくやり取りを続け、なんとか無事に全員と連絡先の交換もできました。
全員とはしばらくメールやLINEでのやり取りを続け、写メの交換なども済ませてなかなか順調に事が進みます。
その中で一人の女性が明らかに私に対して好意を持っていてくれることが伝わってきました。
写メではなかなか可愛い女性だったこともあり、狙いをその子に定めた私はやり取りを多くします。
そして頃合いを見て「良かったら会ってみませんか?」とメールを送ってみたのです。
ありがたいことに彼女からは「是非会いたいです」との返信がありました。
私達はそのメールの翌日、横浜で会ってみることにしたのです。

待ち合わせ場所で待っていると、少し遅れて彼女がやってきました。
相手の子は22歳の女子大生で、写メよりも幾分可愛く見えます。
更に結構短めなスカートを穿いていて、健康そうな太ももに目が行きドキドキしてしまいます。

彼女の希望で私達は中華街へと出掛け、一緒にご飯を食べながらお話を色々しました。
お店を出た後も食欲旺盛な彼女に連れられ、中華街中を食べ歩いて回っていた感じです。
ただいつの間にか彼女が私の手を握っていてくれて、会って数時間しか経っていないのにまるで恋人みたいでした。

中華街を満喫した私達は赤レンガ倉庫等横浜の観光名所を色々と回りました。
もちろんずっと手はカップル握りのままなのは言うまでもありません。
周辺が段々と暗くなってきて、海の近くはカップルだらけです。
私達もそのカップルの中に混じってベンチへと座っていました。

突然彼女が「私のこと好き?」と聞いてきます。
私は「まだ会ったばかりだけど、好きだという気持ちしかないよ。良かったら付き合って欲しいな」と答えました。
彼女は顔を赤くしながら嬉しそうな顔になり「私も同じ気持ちなの…付き合ってください」との言葉が返ってきます。
気が付いたら私達はその場でキスを交わしていました。

その後は一緒に夜景が綺麗なレストランで食事をしたのですが、お互いなかなか帰る気になれず離れ難い気持ちになっていたんです。
結局私達は会ったその日の内にラブホテルにまで入ってしまいました。
私からでは無く彼女から誘ってきたのでビックリしましたが、彼女もかなり勇気を出して言ってくれたんだろうと思います。
そこで愛を確かめ合った私達は、今でも仲良く恋人関係が続いています。

まさかハッピーメールを使ってこんなにすぐに、しかも可愛い子が彼女として見付かるとは思いませんでした。
教えてくれた親友には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にハッピーメールを利用してみて良かったと心の底から感じています。

ハッピーメールでのお楽しみ

011704.jpg

011704.jpg
また、出会っちゃった。
今度は、限りなくセクシーで野性的な女性!
でも、ベッドでは限りなくカワイイ人。

女性って、見た目よりも随分と変わる人がとてもいるんだなって
思いましたね。

それもハッピーメールのおかげでした。
それまでは30代の人妻系や熟女系が僕の相手でした。

しかし、たまには好みを代えてアタックしてみようなと
思ってハッピーメールの掲示板を探したんです。

不思議なもので、そんなことを思っているとやっぱり
あるんですね。

バリバリ仕事をしているキャリアウーマンっぽい人と熱い夜を
過ごせないかなって思っていました。

そうすると掲示板にあったのです。
「この頃、仕事が忙しすぎてストレスが貯まってる私です。
どなたがムチャクチャにしてほしい!」

何て感じのコメントだったかと思います。
職業はOL。

僕も独身のビジネスマンだし、それなりに話が合うかなと
思ってメッセージを送りました。

普段なら、反応のいい人ならすぐにメッセージが返って来るのですが
この時はそんなことはありませんでした。
帰ってきたのは2時間程、経ってからでしょうか。
諦めていた頃に来たのです。

「ごめんなさい。せっかくメッセージを頂いていて、仕事がピークで
返事が遅れちゃいました。
もし、よければ今夜でもお逢いできませんか?」

諦めかけていた時にこんなメッセージが帰ってくると
凄く嬉しいものです。

早速、市内の喫茶店で待ち合わせです。
終末だったのですが、喫茶店は比較的に人がまばらです。
なので後からきた彼女はすぐに僕に気づいてくれました。
さすがキャリアウーマンっぽいのかとてもやり手に見えるのです。

けれどもスーツのボディラインから見えてくるスタイルは
セクシーそのものです。

「メチャメチャにしてほしい。」
と、いうコメントだったのですが彼女はまさに盛りのついた
女猫のような感じでした。

少し談笑した後は、すぐにホテルに直行です。
でも、驚いたのはベッドの上では、激しく求めてきたのは
当然だったのですが、とてもしおらしく優しく抱き締めてあげることが できた彼女でした。
その時の彼女はなんだかホッとしたせいか涙を流していたんです。

「叉、会える?」
と言われて、次の終末に逢う約束をしたのでした。

ハッピーメールの評判はすこぶる程いいですね。

011703.jpg

遊び好きの友人に紹介されたのが、ハッピーメールでした。
出会い系サイトって言うと殆どが、詐欺っぽいイメージが
あったのですが、ハッピーメールは間違いなく他のサイトとは
違っていました。
というのも、久しぶりに遊びたいなと思って友人に教えられるように
会員登録後にアクセスして掲示板の書き込みを見ていると
凄くたくさんの女性がエントリーしてるんですね。

しかも、年齢層が幅広いことにもビックリでした。
20代から40代のマダムまで。

こんなに世の中、出会いご希望の女性陣がいるのなら
僕も頑張らなくっちゃ!
と思い、早速、気になる方にメッセージを送ります。
「初めまして。30代の男性です。一緒に楽しい夜を
過ごしませんか?」
こんなシンプルなメッセージにも丁寧に返事を
頂戴できるのですから嬉しかったですね。

でも、本当の感動と興奮はこれからです。
待ち合わせ場所やその時の格好をどのように
やり取りするかなと考えていたら、先方の方から
積極的なメッセージです。

「もし、よろしければ関内でいかかでしょうか?
私は白いジャケットを着ていてグッチのバックを持っています。」

凄いなって思いましたね。
出会い系サイトを使い慣れているのですね。

スムーズな出会いが実現できそうでした。
ハッピーメールにアクセスしてから1時間程度で
待ち合わせが決定したんです。

他のサイトの時は、いたずらにメッセージのやり取りだけで
ポイントがなくなってしまうのですから、これだけでも
大きな進歩でした。

けれども、そんなことがトラウマになっていたのか
実際に会えるまでは、どこか半信半疑だった自分が
いたのですが、待ち合わせ場所に行くと本当に、
白いジャケットを着た女性が待っていたんです。

初めての出会いにもかかわらず、久しぶりの
再会のような感じで会話も弾みます。

「どこにしましょうか?」
と聞かれストレートな思いを伝えるとホテルに直行です。
それからのことは大人の熱い出来事。
初めての出会いとはいえ、ここまで熱く燃え上がったのも
ハッピーメールのおかげでした。

011703.jpg